未分類

43-01.処理形態(集中処理/分散処理)

ITパスポート試験の出題範囲『システム構成』から『処理形態』の教材です。『集中処理』と『分散処理』について解説します。集中処理は、1台のコンピュータで処理する形態です。分散処理とは、複数のコンピュータで処理する形態です。分散処理は水平負荷/水平機能/垂直機能分散の3つにわかれます。この3つの分散処理を具体例とともに解説します。
ITパスポート

42-03.IoTデバイス

ITパスポート試験の出題範囲『入出力デバイス』から『IoTデバイス』の教材です。IoT(Internet of Things)デバイスとは、インターネットに繋がっている機器です。IoT デバイスは、センサとアクチュエータ等から構成されます。このセンサとアクチュエータについて具体例を紹介し、丁寧に解説します。
ITパスポート

42-02.無線インタフェース

ITパスポート試験の出題範囲『入出力デバイス』から『無線インタフェース』の教材です。無線インタフェースは、ケーブル等での物理的な接続が不要な入出力インタフェースです。無線インタフェースのうち、『RFID』『NFC』『Bluetooth』『IrDA』について、具体的な活用事例を含め解説をします。
ITパスポート

42-01.有線インターフェース

ITパスポート試験の出題範囲『入出力デバイス』から『有線インターフェース』の教材です。有線インターフェースの内、主にUSBについて解説します。USBの機能として、『バスパワー』『プラグアンドプレイ(デバイスドライバ)』『ホットプラグ』『On-The-GO』。更に、世代として『USB 1.1/2.0 3.0/3.1/3.2』。コネクタの形状として、『Type-A,B,C』についてご紹介します。
ITパスポート

41-03.補助記憶

ITパスポート試験の出題範囲『メモリ』から『補助記憶』の教材です。補助記憶は、主記憶の「揮発性」「低容量」の特性をカバーする記憶装置です。補助記憶の記録媒体として、『磁気ディスク(HDD)』『フラッシュメモリ(USBメモリ/メモリーカード/SSD)』『光学ディスク(Blu-ray/DVD/CD)』の3つを解説します。
ITパスポート

41-02.キャッシュメモリ

ITパスポート試験の出題範囲『メモリ』から『キャッシュメモリ』の教材です。キャッシュメモリは、 CPU 内部に設けられた記憶装置です。主記憶と比較し、容量は小さいのですが、アクセス速度が速いことが特徴です。キャッシュメモリの関連用語として『SRAM』、『1次/2次/3次キャッシュ』についても丁寧に解説します。
ITパスポート

41-01.主記憶(メインメモリ)

ITパスポート試験の出題範囲『メモリ』から『主記憶(メインメモリ)』の教材です。主記憶は、CPUが実行するデータを読み書きする記憶装置で、DRAM(Dynamic Random Access Memory)という半導体メモリを用います。主記憶およびDRAMの特徴を丁寧に解説します。
ITパスポート

40-03.クロック周波数(動作周波数)

ITパスポート試験の出題範囲『プロセッサ』から『クロック周波数(動作周波数)』の教材です。クロック周波数とは、クロック(処理タイミング信号)が1秒間あたりに何回発生するかという数値です。クロック周波数の関連として『1クロックあたりかかる時間』『1命令にかかる時間』『1秒間の命令実行回数』の3つの計算を例題で解説します。
ITパスポート

40-02.プロセッサの基本的な仕組み

ITパスポート試験の出題範囲『プロセッサ』から『プロセッサの基本的な仕組み』の教材です。プロセッサに関連用語として、『マルチコアプロセッサ』『プログラムカウンタ』『GPU』を解説します。具体例とビジュアルを使って丁寧に説明します。
ITパスポート

40-01.コンピュータの構成

ITパスポート試験の出題範囲『プロセッサ』から『コンピュータの構成』の教材です。コンピュータは、制御、演算、記憶、入力、出力の5つの基本機能(装置)から構成され、『コンピュータの5大機能』とも呼ばれます。このコンピュータの5つの機能を具体的な装置と連携について解説します。
タイトルとURLをコピーしました