スポンサーリンク

55-04.E-R図

スポンサーリンク
●このページで解説する内容
・E-R図:データ(エンティティ:実体)同士の関係を整理して表現する図
スポンサーリンク

E-R図とは?

E-R図(Entity Relationship Diagram)とは、データベースを設計する際に、データ同士(エンティティ:実体)の関係を整理して表現する図です。表記法は次のようになります。

データ四角データの関係性線もしくは矢印で表現
1対1の関係の場合は、で結ぶ
多の関係の場合はそのデータに矢印の方向を向ける

具体的に、E-R図のITパスポート試験での出題例で確認していきましょう。

問.“社員”表と“部署”表の関係を示したE-R図はどれか。ここで、1人の社員が複数部署に所属することはない。E-R図の表記は次のとおりとする。

E-R図の例題
出典:ITパスポート試験 平成23年秋季 問57

[解答・解説]
問題文の「1人の社員が複数部署に所属することはない」ので、社員と部署の関係は、多対1になります。
E-R図(ツリー型データベース)
したがって、E-R図では、多のデータに矢印の方向を向ければよいので、選択肢のウが正解になります。
E-R図の解答

このように、E-R図はデータ同士(エンティティ:実体)の関係を整理して表現する図のことで、データと線もしくは矢印を用いて表現できます。

ITパスポート試験で出題される場合は、E-R図の表記法が説明されているので、しっかりと理解したうえで解答しましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】E-R図

それでは最後におさらいをしておきましょう!

用語説明
E-R図データ(エンティティ・実体)同士の関係を整理して表現する図
・データを四角、データの関係性を線もしくは矢印で表現
・1対1の関係の場合は、線で結ぶ
・多の関係の場合はそのデータに矢印の方向を向ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました