ITパスポート

スポンサーリンク
ITパスポート

34-06.分散/標準偏差/偏差値

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』の教材です。「分散」「標準偏差」「偏差値」について解説します。分散と標準偏差はどちらも、平均値からのデータのばらつきを表す値です。また、偏差値は、テストの成績が、受験者全体のどの程度かを表す値になります。この3つの計算方法を具体的に解説します。
ITパスポート

34-05.度数分布表とヒストグラム

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』の教材です。「度数分布表」と「ヒストグラム」について解説します。度数分布表は、データの値を特定の範囲で区切り、その範囲に含まれるデータの個数の分布を表で整理したものです。ヒストグラムとは、度数分布表をグラフ化したものになります。
ITパスポート

34-04.代表値(平均値/中央値/最頻値)

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』の教材です。『代表値』について解説します。代表値とは、データの分布の中心を表現する数値のことです。一般的な代表値として、「平均値」「中央値(メジアン)」「最頻値(モード)」について解説をします。
スポンサーリンク
ITパスポート

34-03.確率と統計(組み合わせ)

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』から『確率と統計』の教材です。場合の数の『組み合わせ』は、データの集まりから任意の個数を選らんだ際の選び方の総数です。組み合わせを例題含め求め方を丁寧に解説します。
ITパスポート

34-02.確率と統計(順列)

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』から『確率と統計』の教材です。場合の数の『順列』は、データの集まりから任意の個数を並べた際の並べ方の総数です。順列を例題を含め求め方を丁寧に解説します。
ITパスポート

34-01.統計と確率(場合の数)

ITパスポート試験の出題範囲『応用数学』から『確率と統計』の教材です。解説する内容は、場合の数のうち、『事柄が複数回起きる場合の数』と『複数の事柄が起きる場合の数』の2つの求め方です。
ITパスポート

33-05.論理演算(OR/AND/NOT/NOR)

ITパスポート試験の出題範囲『離散数学』から『論理演算』の教材です。解説する用語は、『OR(論理和)』、『AND(論理積)』、『NOT(論理否定)』、『XOR(排他的論理和)』になります。
ITパスポート

33-04.集合(和集合/積集合/否定)とベン図

ITパスポート試験の出題範囲『離散数学』から『集合』の教材です。解説する用語は、『集合(和集合/積集合/否定)』、『ベン図』になります。この記事だけで、ITパスポート試験の合格に必要なインプットが可能です!
ITパスポート

33-03.数と表現(N進数の加減乗除)

ITパスポート試験の出題範囲『離散数学』から『数と表現』の教材です。『N進数(2進数/8進数/16進数)の加減乗除(足し算/引き算/掛け算/割り算)』の計算方法を具体例を含め解説します。
ITパスポート

33-02.数と表現(基数変換)

ITパスポート試験の出題範囲『離散数学』から『数と表現』の教材です。『2進数から10進数/8進数/16進数の基数変換』、『10進数/8進数/16進数から2進数の基数変換』、『2進数の小数から10進数の基数変換』を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました