ぽん之助

スポンサーリンク
ITパスポート

58-01.有線LANの構成要素

ITパスポート試験の出題範囲『ネットワーク方式』の教材です。『有線LANの構成要素』について解説します。有線LANの構成要素には「LANケーブル」「ネットワークインターフェースカード(NIC)」「ハブ」があります。構成要素について、具体的に説明をしていきます。
ITパスポート

57-04.障害回復

ITパスポート試験の出題範囲『トランザクション処理』の教材です。『障害回復』について解説します。紹介する用語は、「ジャーナル(ログファイル)」「ロールバック」「ロールフォワード」「チェックポイント」になります。
ITパスポート

57-03.2相コミットメント

ITパスポート試験の出題範囲『トランザクション処理』の教材です。『2相コミットメント』について解説します。2相コミットメントとは、複数のデータベースが同じデータを保有する分散データベースの整合性のための制御です。具体的には、コミットの「確認」と「要求」の2つのフェーズにより整合性を担保します。
スポンサーリンク
ITパスポート

57-02. 同時実行制御(排他制御)とデッドロック

ITパスポート試験の出題範囲『トランザクション処理』の教材です。『同時実行制御(排他制御)』と『デッドロック』について解説します。同時実行制御(排他制御)とは、データの整合性(一貫性)を保つための機能です。デッドロックとは、排他制御により複数のトランザクションがロックの解除を待ち続ける状態です。
ITパスポート

57-01.トランザクションとACID特性

ITパスポート試験の出題範囲『トランザクション処理』から『ACID特性』の教材です。ACID特性とは、トランザクション処理が満たすべき「原子性、一貫性、隔離性、耐久性」という4つの特性のことです。この4つの特性について解説をしていきます。
ITパスポート

56-03.ソートとワイルドカード

ITパスポート試験の出題範囲『データの操作』の教材です。『ソート』と『ワイルドカード』について解説します。ソートとは、データの順番を並び替える操作のことで、降順と昇順があります。また、ワイルドカードとは、任意の文字を指定する特殊な記号です。具体的には、「?」「_」や「*」「%」の記号が使われます。
ITパスポート

56-02.集合演算(和/積/差)

ITパスポート試験の出題範囲『データ操作』の教材です。『集合演算』について解説します。集合演算とは、集合の法則を利用したデータ操作です。集合演算には、「和」「積」「差」があります。この3つの集合演算について具体例を用いて、解説をしていきます。
ITパスポート

56-01.関係演算(選択/射影/結合)

Tパスポート試験の出題範囲『データ操作』の教材です。『関係演算』について解説します。関係演算とは、データベースのテーブルから目的のデータを取り出す操作のことです。関係演算には、選択、射影、結合があります。この3つの関係演算に関して、具体例を使って解説をします。
ITパスポート

55-04.E-R図

ITパスポート試験の出題範囲『データベース設計』から『E-R図』の教材です。E-R図(Entity Relationship Diagram)とは、データベースを設計する際に、データ同士(エンティティ:実体)の関係を整理して表現する図です。具体例を出してE-R図の書き方を解説します。
ITパスポート

55-03.データの正規化

ITパスポート試験の出題範囲『データベース設計』から『データの正規化』の教材です。データの正規化とは、データの重複を排除してテーブルを分割する処理のことです。具体的には、主キー以外のフィールド(項目)により、決まるフィールドを、別のテーブルに分割します。また、データの正規化の目的についても解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました