ぽん之助

スポンサーリンク
ITパスポート

55-02.テーブル/レコード/フィールド/主キー/外部キー

ITパスポート試験の出題範囲『データベース設計』の教材です。『テーブル/レコード/フィールド』と『主キー』、『外部キー』について解説します。さらに、主キーが満たすべき一意性制約とNOT NULL制約、外部キーが満たすべき参照制約についても具体例を用いて説明します。
ITパスポート

55-01.データベース構築とデータクレンジング

ITパスポート試験の出題範囲『データベース設計』の教材です。『データベース構築の工程』と『データクレンジング』について解説します。データベース構築は4工程なり、具体例を用いて解説していきます。さらに、データベースの不適切な箇所の削除や修正をするデータクレンジングについても紹介します。
ITパスポート

54-02.データベース管理システム(DBMS)

ITパスポート試験の出題範囲『データベース方式』から『データベース管理システム』の教材です。データベース管理システム(DBMS)とはデータベースを管理利用するソフトウェアです。データベース管理システムとして、「RDBMS」「NoSQL」について解説をします。
スポンサーリンク
ITパスポート

54-01.データベース

ITパスポート試験の出題範囲『データベース方式』の教材です。『データベースのモデル』を解説します。データベースとは、容易に活用できるようにした情報の集まりで、複数のモデルがあります。主なモデルとして、「関係データベース(RDB)」「階層型データベース(CDB)」「網型データベース(NDB)」を紹介します。
ITパスポート

53-04.CG/VR/AR

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア応用』の教材です。『CG』『VR』『AR』について解説します。CGとは、コンピュータにより、画像や動画を作る技術です。VRは、3Dや360度の映像や音響等を組み合わせ、現実のように体感させる技術になります。更にARは、現実の世界に CG の画像や映像を組み合わせる技術です。
ITパスポート

53-03.グラフィックスソフトウェア

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア応用』から『グラフィックスソフトウェア』の教材です。ペイント系ソフトウェアは、画素毎の色情報で描画されたラスタ画像を作成します。一方、ドロー系ソフトウェアは、直線や曲線などの数式で描画したベクタ画像を作成できます。この2つについて、特徴を比較し説明します。
ITパスポート

53-02.画像と映像の品質

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア応用』の教材です。画像の品質の関連用語として、「解像度(1インチあたりの画素の数)」「階調(画素が表現可能な色の段階)」を説明します。さらに、映像の品質(規格)として、「フルHD」「4K」「8K」についてもご紹介します。
ITパスポート

53-01.色の表現

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア応用』から『色の表現』の教材です。「光の3原色(RGB)」と「色の3原色(CMY)」について解説します。さらに、色の3要素の「色相」「明度」「彩度」についてもご紹介します。
ITパスポート

52-04.マルチメディアのファイル形式

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア技術』から『マルチメディアのファイル形式』の教材です。静止画、動画、音声、ドキュメントのファイル形式として、それぞれ「BMP/JPEG/PNG/GIF」「AVI/MPEG」「MP3/MIDI」、「PDF」の特徴を踏まえて解説します。
ITパスポート

52-03.圧縮と伸張

ITパスポート試験の出題範囲『マルチメディア技術』から『情報の圧縮と伸張』の教材です。ファイルのデータ量を小さくすることを圧縮、戻すことを伸張といいます。圧縮は、完全に元に戻せる可逆圧縮と、完全に戻すことができない非可逆圧縮に分かれます。圧縮のファイル形式として、ZIP(ジップ)についても解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました