【情報処理安全確保支援士(午後Ⅰ・Ⅱ)】忙しくても独学・一発合格の勉強法

情報処理安全確保支援士

どうも、フクロウ45号です!

私が情報処理安全確保支援士(旧.情報セキュリティスペシャリスト)の午後Ⅰ・Ⅱを
仕事をしながら、独学かつ一発で合格した勉強法についてご紹介します。

これから取得を目指している方の参考になればうれしいです。

午後Ⅰと午後Ⅱは、出題数と問題文の量と解答時間が異なりますが、
勉強する際は区別せずに対策が可能ですので、少し気楽に考えてください。

情報処理安全確保支援士の鬼門は午後になりますが、
正しい勉強法で努力すれば、合格は手に届くはずです。

それでは、勉強法についてご紹介いたします。

午後Ⅰ・Ⅱの対策は大変だけど、
その分合格の喜びは大きい。
合格することをイメージして頑張ろう!

情報処理安全確保支援士 午後Ⅰ・Ⅱの勉強法

厳選書籍・ウェブサイト

【重点対策のメリット】
・試験範囲の分野で分類されている。
→◎分野毎に知識の整理、◎得意・不得意分野の整理
・過去問をベースに問題演習ができる。
→◎アウトプットを中心とした勉強
・要点解説で重要な知識を勉強できる。
→◎複数の参考書は不要
 
【ポケットスタディのメリット】
・「速攻サプリ」が午後Ⅰ・Ⅱの復習に効果抜群
→◎午後Ⅰ・Ⅱの過去問を2周するのは厳しいが、これなら簡単に復習可
・小さい書籍なので、どこでもいつでも勉強できる
→◎スキマ時間を利用した、最後の追い込みに使える。


さらに、補助教材としては、IPA(情報処理推進機構)の公式HPに
過去問題と解答例が無料で掲載されているので、こちらを使います。


重点対策を購入した方は、iTECのサイトから解答用紙をダウンロードできます。


「自分でダウンロードして印刷するのが面倒だな」とか「やっぱり解説が欲しい」という方は、
過去問題集を買ってしまうのもありです。

僕は他の書籍も何冊か買いましたが、
重点対策とポケットスタディの組み合わせは
一番コストパフィーマンスが高い!!

勉強の流れ

①重要対策の第3部から勉強しよう

重点対策の第3部は午後対策編となっており、以下のような章構成になっています。

第1章  認証とアクセスコントロール
第2章  PKI
第3章  ファイアウォール・IDS・IPS・UTM
第4章  サーバセキュリティ
第5章  電子メールのセキュリティ
第6章  リモートアクセス
第7章  セキュアプログラミング
第8章  物理的セキュリティ対策
第9章  ログ
第10章 インシデント対応

2020情報処理安全確保支援士「専門知識+午後問題」の重点対策

また、各章では、

  • 知識の整理
  • 演習問題(過去問)

から構成されています。

まずは、冒頭にある知識整理はよく読んで、足りていない知識を吸収します。

次に解説を読みながらで良いので、問題を解いてみます。
分からない問題は、解説をしっかり読んで理解につとめることが重要!

また、重点対策を進める中で、
「自分が得意だな」という分野と「あまり頭に入ってこない分野だ」というものを意識するとよいです。

客観的に調べるなら、
重点対策の過去問をやりながら、何点とれているか控えるのも有効です。

午後Ⅰは3問中2問の選択、午後Ⅱは2問中1問の選択になるので、
100点の分野をつくるより、60点にできる分野をなるべく多く作ことが重要になります。

知識を補うのと、午後の記述形式になれること。
そして、得意・不得意分野を見極めよう!

解答用紙を使い得意分野から過去問題を解いてみよう

【②勉強法のメリット】
・得意分野からだと勉強の波に乗りやすい。

→◎モチベーション、効率アップ
・時間がなければ、苦手分野を捨てる選択をとれる。
→◎選択と集中
・解答用紙を使って、試験に慣れる。
→◎試験本番の文字数制限も意識

解答用紙はiTECのウェブサイトからダウンロードすることができます。

最初に午後Ⅰ・Ⅱの解答用紙はすべて印刷して、ひとまとめにしておくことをおすすめします。

勉強進めるにつれ解答用紙が埋まっていくので、
モチベーション向上にも効果的ですし、どの問題をとき終わったのかの進捗管理にも使えます。

どの過去問題の試験回および問が該当の分野にあたるかですが、
重点対策の章の冒頭に「表 全出題実績」がついています。

その中で、◎(メインテーマとして出題)をピックアップして解くことをおすすめします。

まずは、直近の4年間分(計8回分)を完成を目標に実施しましょう。

解き終わったら、採点をしてその点数は控えを取っておいてください。
客観データとして得意・不得意分野の整理に使えます。

間違った問題は、なるべく解答を読んで理解することに務めてください。
このとき、まとめノート等は作らなくてよいです。

得意分野→苦手分野の順で時間の許す限り解きましょう。
苦手分野は割り切って捨ててしまう、判断もここでは大事です。

合格まではあともう少しです。

過去問を解いて、60点以上取れる得意分野を多く作る!
苦手な分野は、時間と相談して捨ててしまうのもあり。

③試験直前期にポケットスタディの速攻サプリで午後1・2を復習しよう

【勉強法③のメリット】
・午後Ⅰ・Ⅱの復習が短期間でできる。
→◎過去問を解きなおすより、圧倒的に早い。
・あまり勉強という意識ではなく取り組める。
→◎勉強終盤の疲れを回避

初めから、速攻サプリを使ってしまうと、
知識のない状態で問題と解答を暗記するような形になってしまうため、おすすめしません。

②までしっかりと勉強した方は、この速攻アプリのすごさに気づくはずです。

今まで、過去問をとくのにある程度の時間を費やしましたが、
これまで解いてきた問題の重要な部分を一気に復習することができるので、非常に有益。

1周するのには、ほとんどかからないのでスキマ時間をフルに使って効率的に勉強していきましょう。

もう一度、速攻サプリで午後を復習しよう。
このサプリが効果あるのは、一生懸命頑張った証拠だ!

午後Ⅰ・Ⅱ勉強法まとめ

最後に午後Ⅰ・Ⅱの勉強の要点を整理しておきます。

一.重点対策の第3部を章(出題分野)毎に勉強
二.得意分野、苦手分野を明らかにする
三.得意分野から順番に過去問題を解いて、試験の得点源を準備
四.最後に、ポケットスタディで総仕上げ

関連記事

この記事が気に入ったらフォロー
ぽん之助

20代サラリーマン、前職4年間で20個以上の資格に合格。ホワイト企業に転職を成功。
実体験を元に資格や勉強、転職、キャリアアップ、副業について、『ぽんぱす』で発信しています。
【保有資格】ネットワークスペシャリスト、情報処理安全確保支援士、CCNP、電気通信主任技術者(伝送/線路)、工事担任者総合種、AWS(SAA)その他多数。

ぽん之助をフォロー
情報処理安全確保支援士
ぽん之助をフォロー
ぽんぱす

コメント

タイトルとURLをコピーしました