ITパスポート試験の配点と採点方式解説【何問正解で合格?】

ITパスポート

ぽん之助と申します。
前職の4年間でIT資格を20個以上合格し、ブラック企業からホワイト企業へ転職を成功しました。
資格や勉強、転職、副業、キャリアアップについて情報を『ぽんぱす』で発信しています。

皆さんの抱える悩み解決の手助けが目標です。
Twitterアカウント:ぽん之助

・ITパスポート試験の配点は1問何点なの?
・IRT(項目応答理論)ってなに?
・結局、何問正解すれば、合格できる?

こんな疑問へ回答する記事になります。

結論から言うと、ITパスポート試験の配点は均等でない(1問10点でない)ため、何問以上が合格であるかを明言できません。

とはいえ、『自分の採点結果が合格圏内なのか?』が、気になると思います。

この記事では、『合格の目安となる正解数』をITパスポート試験の配点方式からご紹介します。

この記事で解説する内容は大きく2つ
1.合格の目安となる正解数
2.正解数の算出に使った2つの前提
  ①配点対象の問題数

  ②IRT(項目応答理論)の配点

この記事を読めば、勉強に重要な具体的な数値目標を設定できます。『合格へのモチベーション維持をしたい!』という方には、ぜひ読んでもらいたいです。

合格の目安となる正解数は『64問』

ITパスポート試験配点と合格の目安となる正解数

ITパスポート試験で『合格の目安となる正解数』を紹介します。

・総合評価点
 64問以上/100問(正解率:64%以上)
・分野別評価点
 ーストラテジ系
 13問以上/35問(正解率:37%)
ーマネジメント系
 8問以上/20問(正解率:40%)
ーテクノロジ系
 16問以上/45問(正解率:35.6%)

この正解数設定の前提は、次の2点です。(詳細は後述します。)

1.ITパスポート試験の出題数は全100問で、配点される問題数は92問
2.IRT(項目応答理論)の配点方式であり、配点が公表されていない

実際に、ITパスポート試験の公式サイトでは、合格基準と採点方式(配点)を、次のように説明しています。

<合格基準>
・総合評価点※
 600点以上/1,000点
・分野別評価点※
 ストラテジ系:300点以上/1,000点
 マネジメント系:300点以上/1,000点
 テクノロジ系:300点以上/1,000点
総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行います。残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます。

<採点方式>
IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づき、評価点を算出

参照:ITパスポート試験 試験内容・出題範囲

『合格の目安となる正解数』配点方式の前提2つ

ITパスポート試験の配点方式2つの前提

『合格の目安となる正解数』について、先述しました。合わせて、ITパスポート試験の配点特徴を2点説明します。この内容が正解数の算出時の前提になります。

1.ITパスポート試験の出題数は全100問で、配点される問題数は92問
→前提①:8問をのぞいて計算
2.IRT(項目応答理論)の配点方式であり、配点が公表されていない
→前提②:配点を均等にした点数で仮定

根拠が気になる方は、これ以降の解説を読んでいただければと思います。

また、『合格圏内か実力を試したいという方』は、次の記事を参考に模擬試験を実施してみてください!

前提①:8問を除いて配点

ITパスポート試験で出題される全100問のうち、8問を除いた92問から『合格の目安となる正解数』を算出しました。

理由は、ITパスポート試験では、全100問出題されますが、そのうち92問のみ評価点となるためです。つまり、8問は正解しても配点の対象にはなりません。

ITパスポートの公式サイトを参照すると、配点される問題数を次のように説明しています。

・総合評価点(評価対象問題数)
 92問(出題数:100問)
・部分評価点 (評価対象問題数)
ーストラテジ系:32問(出題数:35問)
ーマネジメント系:18問(出題数:20問)
ーテクノロジ系:42問(出題数:45問)
残り8問は今後出題する問題を評価するために使用

参照:ITパスポート試験 試験内容・出題範囲

しかし、8問がどの問題にあたるかは、公表されていません。したがって、合格圏かどうかを確認する際には、8問を最初から除く前提の指標が必要です。

前提②:配点を均等にした点数で仮定

『合格の目安となる正解数』では、満点を問題数で割り、均等にした値を配点に用います。

このように均等な配点とした理由を、IRT(項目応答性理論)を紹介し説明します。

IRTは、受験者の『実力』を『評価点』とする、公正な採点を目的としています。つまり、ITパスポート試験では、次のような実力以外の影響を排除しています。

・受験者毎に出題問題が異なることの影響
・4択問題を勘で正解になった場合の運による影響

理論は統計学的になるので割愛しますが、問題の『難易度』と『正解、不正解のパターン』から評価点を推定しています。

具体的には、簡単な問題が不正解で、難しい問題が正解だった場合、確率的に起こらない事象として得点にならない(評価点に影響しない)ことが発生します。

ITパスポート試験は、この推定に必要なデータが公表されていないため、配点を正確に出すことはできません。

つまり、1問の配点(評価点への影響)がバラバラです。しかし、安定して正解率64%以上の場合(運や勘でない)は、配点を平均値として計算しても、大きな影響はないです。

【参考】IRT(項目応答理論)

富士通ラーニングメディア
項目反応理論に関する用語説明 Ver1.1
共用試験事後評価解析委員会 試験信頼性向上専門部会

『合格の目安となる正解数』の算出

ITパスポート試験の配点方式から『合格の目安となる正解数』の算出

繰り返しになりますが、『合格の目安となる正解数』を以下のように紹介しました。

・総合評価点
 64問以上/100問(正解率:64%以上)
・分野別評価点
ーストラテジ系
 13問以上/35問(正解率:37%)
ーマネジメント系
 8問以上/20問(正解率:40%)
ーテクノロジ系
 16問以上/45問(正解率:35.6%)

念のため、算出過程を示しておきます。前提は以下の条件になります。

前提①:8問をのぞいて配点
前提②:配点を均等にした点数で仮定
【参考】『合格の目安となる正解数』の算出過程
・総合評価点
  [(正解数-8)/(100-8)] ×1000点≧600点
  正解数≧63.2問
  したがって、64問以上/100問

・分野別評価点
ー ストラテジ系:
  [(正解数-3)/(35-3)] ×1000点≧300点
  正解数≧12.6問
  したがって、13問以上/35問

ー マネジメント系:
  [(正解数-2)/(20-2)] ×1000点≧300点
  正解数≧7.4問
  したがって、8問以上/20問

ー テクノロジ系:
  [(正解数-3)/(45-3)] ×1000点≧300点
  正解数≧15.6問
 したがって、16問以上/45問

まとめ:安定して64問以上の正解を目指そう!

ITパスポート試験の配点方式から、安定して64問以上の正解を目指そう!

この記事でご紹介した、『合格の目安となる正解数』は1つのハードルになります。具体的な目標があることで、より勉強のやる気につながります。

最後に、内容をおさらいしておきましょう!

○合格の目安となる正解数
・総合評価点:64問以上
・分野別評価点
 ーストラテジ系:13問以上
 ーマネジメント系:8問以上
 ーテクノロジ系:16問以上

○正解数算出の前提条件
・100問中、92問が配点対象
→前提①:8問を除いて計算
・IRT(項目応答理論)の採点方式であり、配点が公表されていない
→前提②:配点を均等にした点数で仮定

勉強をしていると、どうしても合格できるか不安になってしまいます。配点が分からないITパスポート試験であればなおのことだと思います。

『合格の目安となる正解数』 を用いて、自分の実力が合格圏内にいるか確認し、勉強のモチベーションを保っていきましょう!

この記事が、あなたの勉強の支えになればと願っています。

『模擬試験形式で勉強の成果を確認したい方』は、下記の記事もチェックしてみてくださいね!

この記事が気に入ったらフォロー
ぽん之助

20代サラリーマン、前職4年間で20個以上の資格に合格。ホワイト企業に転職を成功。
実体験を元に資格や勉強、転職、キャリアアップ、副業について、『ぽんぱす』で発信しています。
【保有資格】ネットワークスペシャリスト、情報処理安全確保支援士、CCNP、電気通信主任技術者(伝送/線路)、工事担任者総合種、AWS(SAA)その他多数。

ぽん之助をフォロー
ITパスポート
ぽん之助をフォロー
ぽんぱす

コメント

タイトルとURLをコピーしました